外注というほどではない外注をお願いした話

外注って基本的には稼いでいる人がやることだと思うのですが、全部自分で記事を書こうと思ったら、ものすごい膨大ですよね。

記事作成は外注か自力か、これも人によって意見が分かれるようです。
私も稼げる記事をまず自分が書けていないのに、人にどうやって依頼するんだ? という気持ちがあります。

ただ、クリはもともと受注側で、おそらくアフィリサイト用であろう記事作成をしたことがあったので、外注してみることに抵抗はなく、まぁちょっとやってみようということで記事の一部(口コミ的なもの)だけ、記事作成をお願いしてみたときの話です。

外注はどこで募集するか?

記事をどこで募集するか、多くはクラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングサイトだと思います。
クリは両方登録していますが、ランサーズはまだ使ったことがないので、今回はクラウドワークスで募集しました。

 

クラウドワークスの記事募集でよくあるのは、
・タスク形式
・プロジェクト形式
この2つです。

 

タスク形式は誰でも参加可能な単純作業で、ものすごく専門的・マイナー・ピンポイントすぎるテーマだったり、あまりにも安すぎる報酬でなければ、わりとすぐ記事が集まります

 

ただ……クリが言うのもなんですが、記事作成してくれる方の力量が事前にわからないので、小学生の作文みたいな非常に残念なクオリティの記事を書いてくる方もいます

 

プロジェクト形式は、記事作成の募集をして応募してきた方を選考して採用し、基本的には長期間の契約で記事作成の依頼をする場合が多いです。
契約前にサンプル記事やテスト記事などで、応募者の文章力をチェックできるので、タスクよりはきちんとした記事が納品されます。

 

プロジェクト形式だとやり取りが煩雑ですし、継続して書いていただくほど予算もないので、クリはタスク形式で募集しました

 

予算は1記事100円

400文字100円で商品の口コミ記事を20件募集してみました。
400文字100円ってクラウドワークスの中では単価が高い方なので、記事はすぐに集まりました。

 

クオリティの方は良かったり微妙だったりさまざまでしたが、自分で20記事書くこと考えたら2週間はかかると思うので、あっというまに記事のネタ候補が20個もできたことに舞い上がりましたね。

 

もっと記事のストックを溜めておこうと、調子に乗ってさらに50件の記事募集をかけました(わかりやすい死亡フラグ)

 

まるで消費できない記事ストック

ちょうどこの頃、最初に作ったクソ記事をすべて修正する作業に追われていました。

おかげで新しい記事を書く時間がとれないので、せっかく集まった50記事はフォルダに放置。今もほとんど手つかずの状態です。

 

なんで調子に乗って50記事も募集してしまったんだ……。
最初の20記事もまだ全部記事にできてないのに……。

 

もとはといえば、自分が最初に作った記事の完成度があまりにも低すぎるのが問題なんですけどね。
本当に酷すぎたので、次々に修正点や追加したいことが出てきて、新しい記事に取りかかれない状態です。

 

ここが上手く整理されて、記事を作る基本のひな形ができあがれば、この先の記事作成は少し楽になるんじゃないかと思います。
まさに今そのひな形作りに四苦八苦しているのですが、なんとか乗り越えたいです。

外注はよいものだ

お願いするのは他人ですから、自分とは違う視点やアプローチで記事を書いてくれる人も多いので、「へ~こういう見方もあるのね」と発見があったりします

 

当然多少なりともお金がかかりますが、記事作成に行き詰まったときなどに依頼してみるのはありだと思いますよ!
そのときは、クリのようにいきなり50件とかじゃなく、5件とか10件とかすぐ記事にできる本数で募集してみてください(笑)

使えるASPが楽天だけって嘘だろ?

アフィリエイトを始めるにあたりASPへの登録は必須ですが、ほとんどのASPは審査がありますね。

クリが選んだ商品は、審査なしで登録できるA8さんにはありませんでした。
ほかに審査なしでOKなのは楽天アフィリくらいです。

さすがに楽天だけじゃ心もとない……。
楽天にもない商品があったらアフィリできないし。

Amazonに登録してみる

教材ではAmazonへの登録を勧めているので、教材にあったとおりに10記事作ったくらいで登録してみることにしました。
最初に作った中身スカスカの記事を10個ブログに入れたところで、いざ登録!

 

……お察しのことと思いますが、サクッと審査に落ちました

 

あとから知ったのですが、Amazonて審査が厳しいことで有名だとか。
教材にはそんなこと書いてなかったぜ……?

 

何年か前まではAmazonの審査もそんなに厳しくなかったようなので、教材でAmazonの審査に触れられていないのは、その名残りかもしれません。

 

まぁ最初に作った10記事はウンコと言われても仕方のない内容だったので、たとえそれが100記事あっても審査には落ちていたと思いますが。

 

Amazonは今はまだ無理そうなので、別のASPを検討しないといけません。

楽天アフィリの回し者ブログが完成

Amazonの審査に落ちた後、作った記事を修正して多少はマシになりましたが、まだ記事内容が薄いんじゃないかと不安があり、次のASPへの登録に二の足を踏んでいます。

 

おかげで楽天の回し者のように、楽天アフィリリンクしかない状態なんですけど、これでいいんだろうか?
これでいいのかもなにも、現状では楽天アフィリしかできないからどうしようもないんですけどね。

 

別に楽天じゃなくても普通に売っている商品なので、楽天ばっかりに誘導しているのが不自然でしょうがない(笑)
ASPの審査が通るまで、画像以外の楽天アフィリは消そうかどうか悩みます。

 

現状アクセスはまったくないので、アフィリリンクがクリックされるチャンスを逃すということもないでしょうし。
仮にアクセスが多少あったとしても、不自然なほど楽天ばかりのリンクをクリックする人がいるとは思えません。

楽天アフィリついでに聞きたい、クリック回数水増し事件

これ、クリが無知なだけだと思うんですが、レポートに反映するクリック回数ってなにを基準に反映しているんでしょうか?

 

ブログに貼ったアフィリリンクを踏まれたときだと思ってたのですが、アフィリリンクを作った日に、毎回大量のクリックが反映してしまいます

 

ブログにアクセスはないので、誰かがクリックした可能性はありません(言い切れるのが悲しい)
アフィリの商品リンク作るだけでクリックに反映されると、なんか自クリックしているみたいでものすごく嫌なんですが、こういう仕様なんですかね?

 

調べてみたけど同じようなことで困っている人が見当たらなかったので、私が仕様を理解していないか、商品リンクの作り方を間違っているのだと思いますが……。
仕組みをご存知の方がいたら、教えていただけるとありがたいです。

もしもアフィリエイトへの登録を目指し、走り出す

Amazonがダメだったので、次はもしもさんに登録できればな~と考えてます。

Amazonのように審査が厳しい話はあまり見かけないので、記事の修正が終わってもう少し記事数が増えたら、登録しにいってみます。
年明けになると思いますが、結果はこのブログで報告しますね。

グローバルメニューに入れるものがない問題

まだブログを作り始めたばかりのときって、グローバルメニューに入れるものがなくて悩みませんか?

サイトの中身がまだ全然ないから、グローバルメニューに入れるものが特にないんですよね。 せいぜい「ホーム」「お問い合わせ」「サイトマップ」くらいです。

これはクリがグローバルメニューに入れるために、無理矢理作ったウンコ記事の話です。

みんな意外と困っていると思う

ほかのサイトではグローバルメニューにどんなことを並べているのか、参考にしようとあちこち見て回ったのですが、結構サイドバーにある情報とかぶってたりすることが多かったです。

 

本当はなくてもいいけど、「ホーム」「お問い合わせ」「サイトマップ」はグローバルメニューで表示した方がわかりやすいから、とりあえず設置している的な。

 

クリもグローバルメニューはあった方がいいので、なにを入れるか考えた結果……。
実に安直に「ランキング」「発売日予定表」を作ることにしました。

ランキングの失敗

ほかのサイトのランキングがどういう根拠なのかいまいちわからなかったので、楽天とかAmazonのランキングを参考に、週間ランキング的なものを作りました。

さて……
ランキングを作ったはいいけど、各商品について特に書くことがない

 

このときはまだほぼコピペのゴミのような記事を作っていたときですが、それでもさすがにここでもスペックと特典だけを載せるのはダメだろうということくらいは気付いてました。
でも正直、グローバルメニューを埋めるだけの記事にあまり手間をかけたくない……。

 

結果、ランキング順に画像のアフィリリンクだけを貼っておくという暴挙に出ました。
この記事から報酬を出そうとは思っていないとはいえ、そんな雑なコンテンツならない方がマシというレベルです。

 

そしてこのランキング、楽天やAmazonをちょこちょこチェックするのが地味に手間。
そんなことに時間を使うなら、記事を書く時間に使いたいと思い始めました。

発売日予定表というより、ただの商品名の羅列

もう一つ、グローバルメニュー用の記事として、商品の発売日予定表を作りました。

 

まぁこれは完全に失敗でした(笑顔)
なぜ作る前に気付かなかったのかという話です。

 

いろんな商品がたくさん発売されるジャンルなので、1ページにずらーっと100個くらい商品名が羅列しているだけという、恐怖のページが完成しました。

 

本当は画像のアフィリリンクで少しでも見栄えを良くしようかとも思ったのですが、1ページに100個ものアフィリリンクを貼るとかどうかしてるんじゃないか? と思い止まり、そのまま公開。

10日後にメニューの見直し

ランキングも発売日予定表も、作ったときからやっつけ感がすごい自覚はありました(あったんです

 

そんなとき、全記事の修正をすることになったので、ついでにグローバルメニューの内容ももう一回見直すことにしたのです。

 

そもそもグローバルメニューのコンテンツって、ランキングや発売日予定表みたいに頻繁に手を加えなきゃいけないページではないような気がする。

 

ほかの記事を修正しながら、必要かなと気付いたのが「更新履歴」です。

 

テンプレートで最新記事(新規投稿)はTOPページに表示する設定ができるのですが、すでに投稿済みの記事は情報を追記したりして見て欲しい内容を更新してもTOPの新着には表示されないので、メニューの1つは過去記事の修正や情報を追加したことをお知らせするページに決めました。

成果に繋がらなくても閲覧者の役に立つ内容を本気出して考えてみた

もともとが「グローバルメニューを埋めたい」という、見に来る人には全然関係ない理由で作っているページなので、今のところは成果は置いといて少しは役立つ情報を提供するページを作りたいと思い、商品の試供品・無料サンプルを配布している店舗の一覧を載せてみました。

 

正直、クリより充実した無料サンプルの紹介ページを作っているサイトはほかに山ほどありました。
でもこの記事単体でアクセスを集めるというより、ブログに来てくれた人が「無料サンプルあるのね」と知ってくれたらいいと思って作ったので、心を込めて17,000文字の大作ページが完成!!!

 

これはもうコピペなしの100%オリジナル記事です。
おもてなしの気持ちをこれでもかと詰めました。

 

そんな渾身の記事ですが、今現在の平均掲載順位は200位です^^^^^^
(サーチコンソール調べ)

とりあえず今はこのまま現状維持しておきます。

商品カタログ? いいえコピペです(1)

アフィリする商品とキーワードも決めました。
いよいよ記事作成に入ります。

しかしクリが選んだのは、悩み系ではなく娯楽系の商品。
好きな人しか買わない嗜好品のようなものです。

物販アフィリの記事は、商品に興味を持って調べているユーザーが知りたいこと(効果・口コミ・価格など)を記事内で提示し、疑問を解消したうえでそっと商品(アフィリリンク)を差し出す。

なるほど……わからん^^

“商品カタログ? いいえコピペです(1)” の続きを読む

賢威のテンプレートで思いどおりのデザインになったりならなかったりした話

アフィリ初心者のクリには、猫に小判・豚に真珠と言わざるをえない、賢威を購入しました。

アフィリを真剣にやるなら、きっといずれ買うことになるに違いない。
もう買っちゃおう。

最初に買った情報商材の教材を実践するにあたり、ワードプレスのブログは賢威で作ろうと思っていたので、教材を買った後コンビニのレジで「ついでにファミチキも」くらいの気軽さで決済完了です。

賢威のテンプレートが便利すぎる件

賢威のテンプレートはどれもシンプルでシャレオツ感があります。

早速、ワードプレス用のテンプレートをダウンロードしてテーマに追加。
このブログはほぼテンプレートのままですが、物販ブログの方はデザインをちょいちょいいじってみました。

 

賢威を購入すると、購入者用サイトのサポートフォーラムでサポートが受けられます。
テンプレートデザインで「ここをこう変えたい」と思ったとき、フォーラムで検索するとほぼ解決するのがありがたいです。
知りたいことがフォーラムで見つからない場合は、自分で質問すれば丁寧に回答してもらえるのも心強いですね。

 

クリは昔、htmlで趣味のサイトを作っていたことがあるので、CSSの変更はそれほど抵抗なくすんなりできました。
あ、だからといって別に全然詳しくはないです。
ほとんどはホームページビルダーで作ってました。

こだわりだすと止まらない

サイトデザインに凝る前に記事を増やせという話です。

でも、サイトとかブログをやったことがある人はわかると思うんですが、デザインをいじり始めると自分好みにこだわりたくなってしまうんですよね。
「ここだけ変えたら……」とかやってるうちに、気付けばあっちもこっちもとテンプレート大改造です。

 

アクセスゼロで誰も見に来ていないのに、ブログの見栄えにこだわるって逆になんか恥ずかしい!
すんごい自意識過剰な人みたいですよね。
誰も見てないのに「どう? この髪型」「どう? この服」って鏡に向かって言ってるみたいな。

 

まず記事作成だろう……とわかっていても、困ったことにクリはテンプレートが自分の好みになっていないと落ち着かないのです。

 

最初に青汁のブログをやろうと思ったときは、グリーンスムージー的なオシャレな画像をめっちゃ探したり、無料画像編集ソフトGIMPの便利さに震えて、GIMPの使い方のサイトを見て回ったり……。

 

最終的にはアフィリ作業と関係ないことをやりだす始末です。
デザインにこだわりたいというのもありましたが、記事を書くという作業から逃げていたんですね。

 

青汁をあきらめて、アフィリするのを別の商品に変えたとき、その商品はあまり画像を使いまくれるものではなかったので、テンプレの色や文字のサイズを変えるくらいの変更にとどめました。
それでもテンプレートの変更には1日かかりましたが、いい感じにできたと思います!(自画自賛)

満足いくデザインにできた達成感

おおむね希望どおりのデザインにできて、テンプレいじりに1日費やした甲斐がありました。
やっぱり自分が「こうしたい!」と思った形になっていると気持ちいいです。

 

テンプレートの仕様上や、SEOの観点から変更できない部分もありましたが、おおむね希望どおりに簡単にデザイン変更ができたのは、賢威のサポートフォーラムがあったおかげです。

 

青汁のブログを作るときにかなり四苦八苦したおかげで、今回はわりとスムーズにデザイン変更できて良かったです。
これでようやく実際に記事を作成・更新する作業に移れます!

 

ブログのデザイン、かなりこだわってなかなか記事作成などの作業に進めない方もいるみたいですね。
みなさんどれくらいブログのデザインに時間かけてるんでしょうか。

 

私は画像を使うかどうかで変わってきますが、平均で2日くらいです。
もともとテンプレートを使っていて、変更したい部分はそんなに多くないというのもありますが、むしろ2日でも時間かけすぎですかね?