アフィリ教材の選択を誤るとこうなる……ジャンル選びは慎重に(1)

アフィリを始めるには教材選びから。
教材という道標があってこそ、やるべき作業や道筋が見えてきます(受け売り)

初心者にとって、教材を頼りに作業を進めていくわけですから、ジャンルと教材選びは超重要です。
そんな最初の一歩で盛大に失敗したクリの話を暴露します。

アフィリ教材がありすぎる件

アフィリエイトと一口に言っても、物販・情報商材・トレンド・アダルトなど、いろいろあるんですね。
クリが興味を持ったのは物販アフィリエイト

 

情報商材なんてまだ売れてないのに説得力がある情報発信なんてできるわけがない。
トレンドなんて芸能人や話題のニュースにまったく興味ないから無理。
アダルトは生理的に無理。

 

グダグダ文句言って食わず嫌いしていたら、物販しか残らなかっただけなんですが……。

 

本当はいくつか教材を買って比較して、自分が目指す方向性にフィットするものを選びたかったのですが、買ってみないと中身はわからないのが情報商材

 

さらに1つ1つの教材が2万円以上が当たり前で決してお安くありませんから、薄給のクリにとってはまずは1つ買うのが精一杯です。
一丁前に「ノウハウコレクター」という言葉は知っていたので、そうはならないぞ!! と厳選して買った1つの教材を突き詰めてやろうとは思っていました。

 

迷った教材は2つ。

・物販に特化した有名教材A
・情報商材に特化した有名教材B

 

物販をやりたいので、教材Aの方がいいんだろうけど、レビューとか見るとジャンルが違うとはいえ教材Bの方が高評価。
それに物販の教材はほかにも複数あって、どれも違う角度からアプローチしたノウハウで、レビューを見ても人によって評価が全然違いました。
もし教材Aが自分が目指す方向性と違っていたら怖い……。

 

教材Bはそもそも物販の教材ではないけどトータルの評価が高いし、とあるノウハウサイトで「アフィリで稼ぐ方法の根幹はどのジャンルも同じ。迷ったら教材Bがおすすめ」と教材Bを勧める記事を見て、思いきって教材Bを購入しました。

 

……おわかりいただけたことと思いますが、とんでもない間違いの始まりです。

ジャンル違いの教材で実践してわかる浅はかさ

あ~~~ついに2万円以上もする教材を買ってしまった……。

ドキドキしながら、おそるおそる中を見ると、さすがにアフィリ教材の鉄板。
これがきちんとできれば稼げないはずがない! と納得の内容でした。

 

よし!! 始めよう!!

 

商品・キーワード・ターゲット選定などの基本は、情報商材も物販も同じ。
せやろ工藤……? と、愚かにも情報商材用の教材で物販アフィリを始めることにしたのです。

 

確かに商品・キーワード・ターゲット選定といった、やるべきことの基本は同じです。
でも当たり前ですが、物販アフィリの細かいノウハウはやっぱりわからない

 

情報商材って特殊なジャンルなので、物販で売るような普通の商品に当てはめられない部分がたくさんあって、物販アフィリでは使えない手法が多かったのです。

 

そもそも、いくらアフィリで稼ぐ基本は同じとはいえ、無知な初心者がジャンル違いの教材で稼げるブログを作れるはずがないです。

 

そんなことにも気づかず、基本が同じなら通用すると思うなんて、我ながらまこと愚かの極みです。初心者の頃の妙な自信ってなんなんですかね。

やっぱり物販用の教材を買うべきだったと激しく後悔しました。

ジャンルをどうすべきかの葛藤

できることなら今すぐ物販用の教材を買い直したい。
まぁそんなお金があったら、最初からどの教材を買おうか悩んだりしませんでしたけど

 

こうなると、素直に買った教材のとおりに情報商材のブログをやった方が良いかもしれない。
そう思ってブログの構成を考え直しました。

 

とは言っても……。
情報商材を売るには、稼ぐためのマインドとかノウハウとか、いかにも「稼げまっせ」な情報を発信しないと売れないんだろうな……。

 

みんな稼ぎたいから教材を買うわけですから。
そして発信されている情報に、経験や実績に裏打ちされた確かな説得力がなければ、買ってもらえるはずがありません。

 

…………

…………

…………

 

稼げてないのに有益なマインドもノウハウも発信できるわけがない!!
そんな「なんちゃってマインド」「なんちゃってノウハウ」を真に受けて、高価な教材買う人なんかいねーよ!!
さしものクリも買わないよ!!!

 

結局、情報商材ブログはあきらめ、買った教材でわからない部分は物販アフィリのノウハウサイトで補うことにしました。

 

長くなってしまいましたので、続きはこちらから。
次の記事:アフィリ教材の選択を誤るとこうなる……ジャンル選びは慎重に(2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。