商品カタログ? いいえコピペです(1)

アフィリする商品とキーワードも決めました。
いよいよ記事作成に入ります。

しかしクリが選んだのは、悩み系ではなく娯楽系の商品。
好きな人しか買わない嗜好品のようなものです。

物販アフィリの記事は、商品に興味を持って調べているユーザーが知りたいこと(効果・口コミ・価格など)を記事内で提示し、疑問を解消したうえでそっと商品(アフィリリンク)を差し出す。

なるほど……わからん^^

消費者でありながら、買う人の気持ちがわからない

クリが選んだ商品は、続き物のコミックとか小説とかDVDのような、すでに中身がわかっている好きな人しか買わない嗜好品です。

 

自分がその商品を買うときに知りたいのは、やはり特典とかスペックです。
ただ、自分が買うときは公式サイトで情報を調べるので、わざわざ他のサイトで調べたりしたことがありません。

 

商品のどんな情報を記事にしたらいいのか……??
買うときに知りたいことなんて公式サイトに全部書いてあるし……。
公式サイト以外で調べる人の気持ちなんて、全然ちっともわからないんですけど?!?!

 

買う人の気持ちがわからない商品を選んでしまったのは失敗だったかな……と不安になりましたが、記事を作る前からあれこれと商品を変えても仕方がないので、とりあえず特典とスペックを記事に書いてみることにしました。

似たようなサイトを参考にしてみる

似たような嗜好品を扱っているアフィリサイトをいくつか見てみると、スペックと簡単な感想とアフィリリンクしかありませんでした。
ちなみにこのサイトは記事数500越えで、その嗜好品名で検索するとほぼ上位表示されています。

 

うーん……。
この手の嗜好品は好きな人が買うわけだから、商品カタログみたいな感じでスペックと特典と発売日を書いておけばいいのかな?
それだけじゃいくらなんでも内容がなさすぎるので、口コミも載せることにしました。

 

最初にクリが作った記事の構成はこんな感じです。

・商品画像(アフィリリンク)
・発売日
・購入特典
・商品スペック
・口コミ(1~2つ)
・販売店に誘導する文字のアフィリリンク
・製造元やメーカーなどの情報

恐ろしいことに口コミ以外は全部箇条書きでした。

グーグルペナルティの存在を知る

同じような感じで10記事ほど作ったところで、こんな記事でいいのかな? と疑問が溢れて、心の中は疑問の大洪水です。

 

まぁ似た商品を扱っているサイトが似た構成だからいいのかな……とすっきりしないながらも、作ったばかりのブログだからかなかなか記事がインデックスされないなーと、今度はそっちが気になり始めました。

 

インデックスされない理由を調べていたとき、グーグルペナルティに「価値のない低品質なサイト」というものがあることを知りました
そういうサイトもあるでしょうけど、それにしたってグーグルさん……ちょっと言い過ぎじゃないですか?

 

要は、同じサイト内や他のサイトと内容が重複していたりコピペだったり、オリジナリティの薄いサイトはそういうペナルティを受けて、検索順位を大幅に下げられたりそもそもインデックスされないなどの厳しい措置がとられてしまうとか。

 

え……。
今の私のブログ、まさに「価値のない低品質なサイト」ではない?

 

特典やスペックは公式サイトに書いてあることをほとんどそのまま載せてるだけですし、記事ごとの見出しとかも商品名が違うくらいでほぼ一緒。
今ある記事でオリジナルの部分なんて、せいぜい10行ほどの口コミくらいです。

 

作ったばかりのブログやサイトにペナルティがいくことはめったにないらしいですが、このままではまずい!!
はやくなんとかしないと……!

記事の修正で作業停滞

10記事も作る前に気付きたかった。

今度は同じ商品を扱っているライバルサイトをいくつか見に行きました。
私の作った記事よりはマシですが、そんなに変わらない内容でした。
ただ、記事数が400以上あるのでドメインが強そうです。

 

とりあえずこのライバルサイトよりは記事の中身を充実させようと思いました。

・商品画像(アフィリリンク)
・商品紹介(口コミを交えて自分の言葉で書いた文章)
・公式の商品紹介の動画(Youtubeなどの共有OKのもの)
・商品の補足情報
・口コミ(1~2つ)
・発売日
・購入特典
・商品スペック
・販売店に誘導する文字のアフィリリンク
・製造元やメーカーなどの情報

 

見てのとおり、かなりの修正が必要になりました。
10記事作る前に気付きたかったですが、10記事の時点で気付いて本当に良かったです。

 

全部修正するのに1週間かかりました。
30記事とかあったら挫折していたかもしれません。
危ないところだった……。

 

長くなってしまいましたので、続きはこちらから。
次の記事:商品カタログ? いいえコピペです(2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。